→

41期会長挨拶

41期クラブテーマ
「思いを形に、仲間と実行しよう」

41期会長 岩佐 竹治

41期の第一は、前期の引継案件を確実に実行する期と致します。

1.会員101名の実現と定着。
2.魅力ある理想のクラブ実現のため出席率を上げ、奉仕と親睦を増やす。
3.楽しい卓話、為になる卓話、会員の卓話、NHKの卓話を増やす。
4、同好会を倍増し、三友会や炉辺会で、若手とベテランの架け橋を作る。
5.パスト会長の各委員会から若手会員へ40年の良き伝統の継承。
6.親クラブと子クラブとの共同奉仕プログラムの実行。
7.「カントリーコネクション」故里を見つめ、地方との交友クラブを作る。
8.特別基金の募集と拡大等々です。

第二は、50周年に向けて、第一歩としての活動計画(目標、テーマ)です。

1.50周年までに、地方のガバナーを一人誕生させること。
2.地区に10名以上の委員、役員を派遣する事。
3.会員が120名以上のクラブになる事。
4.出席率を90パーセント以上にし、休眠会員を活性化する事。
5.三姉妹クラブとの親睦活動、奉仕活動を充実する事。
6.日本赤十字社への寄付を継続案件として維持する事。
7.東北3県の被災孤児に、10年単位で足長おじさんを実行する事。
8.特別基金の目標を5000万に定め、10年間で達成する事。

第三は収益事業を増やす事。

1.チャリティーゴルフ、バザー、オークション。
2.シンポジウム、後援会。
3.音楽界、ダンスパーティー。

以上41期のテーマを実現し、42期、43期に引き継いで行きます。