→

45期会長挨拶

東京世田谷南ロータリー・クラブ第45期会長方針

45期会長 武藤 英正 

2015-2016 会長
  2015-16年度RI会長K.R. ラビンドランさんのRIテーマは「世界へのプレゼントになろう」です。その言葉に、私たちの人生の価値は、どれほど得たかではなく、どれほど与えたかによって判断される。社会から享受するだけでなく、社会に貢献しましょうとあります。そのRI会長テーマをうけ、水野ガバナーより地区運営方針「未来へ向けてロータリーの原点・心を大切に」“Back To Basic For The Future”を示されました。

 私たち東京世田谷南ロータリークラブは、今年度創立45周年を迎えます。
私が会長を受けさせて頂くにあたり、クラブの生い立ちを改めて勉強させて頂きました。その時の会長がリーダーシップを発揮され、メンバーの方々と共にしっかりと活動されて来たからこそ、現在の素晴らしい実績あるクラブに仕上がって行ったと思います。その力に更に磨きをかけていくために、今年度の奉仕活動を見直す事を考えました。

そのテーマは、“ Review Of The Service ”です。地域社会や世界に本当に求められているものは何か、他のクラブや奉仕団体との連携は出来ないかなどを模索していきます。1年だけでは見直す事は出来ないかも知れませんが、マンネリを避け、本当に求められる奉仕活動を皆さんと考えていきたいと思います。
大変未熟な会長ですので、間違えることも多々あると思いますが、1年ご指導よろしくお願い申し上げます。